• RSS
  • Facebook
  • Twitter

食事には色々な楽しみ方があります。例えば私たちは食事のお店選びをただ単に味だけで行うわけではありませんよね。お店の雰囲気であったり、お値段であったり色々な要素を含めて「美味しい」という感覚を得ているものだと思います。お店の雰囲気が悪ければまずいと感じることもあるでしょうし、味以上に値段が高ければ料理の味や評価もさがってまずいと感じることがあります。このように食事にはただ舌で味わう以外の部分も味覚に大きく影響するように、その食材についての知識もまた味覚を決定する大きな要素となるでしょう。このことを踏まえると、牛タンにおいても、牛タンのことを知ればさらに美味しく食べることができるかもしれません。

牛タンのことを知るということは、牛タンの肉質などを知るのも含まれますし、牛タン自体がどのようにして生まれたのかという歴史を知ること、そして牛タンにどのような栄養素が含まれているのかなども味覚を決定する上で重要です。
(参考:5分後にはお店に向かっているかもしれない…そんなお店

牛タンの肉質はやや弾力があるものがスタンダードであるとされていますが、部位によってはやや柔らかい部分があったり、普段焼肉で食べている部分よりも弾力がある部分があったりしますので、その知識を得ておくことによってより美味しい牛タンが食べられるようになります。

gyu_tan

また、牛タンの歴史などについて知っておけば、牛タンを味わいながらその歴史についても味わうことができますので、かなり深く味覚を堪能できるのではないでしょうか。それに加えて牛タンの栄養について知ると、「牛タンは健康に良い」というプラス思考で食べることができますので、より美味しさが増すのは間違いありません。

牛タンは非常に奥が深い食材でありますから、牛タンを知ることによって感じる味はちょっと違ったものになるはずです。ですので、皆さんも牛タンを単に舌で食べるのではなく、牛タンのことを知って知識の面からも美味しくいただくようにしましょう。