• RSS
  • Facebook
  • Twitter

niku_nama
牛レバーの生食が法規制されてもなお生食がしたいと希望される方も多く、肉の生食に関しての事柄については誰しもが興味のあるトピックであるものでしょう。この肉の生食をする方法1のつとしてあまり知られてないことかもしれませんが、牛タンの部位も新鮮なものであれば生食ができるのです。

肉の生食はリスクが高いと考えられている方も多いとは思います。確かに鶏肉や豚肉であれば、特定の種類を省けばほとんど肉の中に人間に害を及ぼす細菌が存在していますのできちんとした加熱調理が必要となるのですが、牛肉であれば腸などの一部を除けば肉の中にその害を及ぼす細菌は存在していないため、新鮮であることや肉の表面をトリミングすることによって生食で食べることが可能であるのです。それゆえに、牛タンにおいても生食をすることができます。

生食の食べ方は、そのまま醤油やタレをつけて刺身として食べる方法もありますし、牛タンの握り寿司とするなど生のタンをスシネタとして利用する食べ方などがあります。

詳しくはこちらの記事へ
   → 牛タンの疲労回復効果

また、この生で食べる牛タンにおいては、牛タンの部位であるタン元という部分が非常に美味であります。タン元は牛タンの中でもかなり脂肪分が多い部位ですので、生食で食べた時にも口当たりが良いのです。

いくら衛生面で牛肉は生で食べられると言ってみても、やはり生食をするためにはその鮮度が良いことが条件となりますので、生の牛タンを食べることは希少価値も高くなるものでしょう。それに加えて牛タンの生食には高級牛を使うことも多いですので、食べようと思っても多少お値段が高くなるとは思いますがその独特の風味を味わうためには充分な対価であると思います。

Categories: 牛たん