牛タン定食
自分へのご褒美

スープがウマい!たんや善治郎のテールスープ


観光や会社の出張で仙台に行くと、誰もが驚くのは牛タン専門店があまりにも多いこと。何せ仙台には、100件前後にも及ぶ牛タン専門店があるのです。しかもそれだけ牛タン専門店があると、お店ごとにアピールする何かがないとお客さんを確保することはできません。ここではそんな数ある牛タン専門店の中でも、仙台に牛タン焼きが始まった当初の仕込みや味付け・焼き方などにこだわったたんや善治郎をご紹介します。

たんや善治郎ってどんなお店?

手間を惜しまず伝統製法にこだわるお店

牛タンといえば、仙台が最も有名です。そんな仙台の牛タンは、昭和20年代に焼き鳥屋でもあった味太助の創業者・佐野啓四郎氏が始めたのがそもそものきっかけです。とりわけその当時、進駐軍が食べる牛肉の中でもタンとテールは食べないので捨てられてました。ところが捨てるのは勿体ない!ということで、まかない用にタンとテールを調理したのがきっかけです。

しかも今でこそ牛タン焼きには味噌味や醤油味などもありますが、その当時は塩焼きのみです。そんな伝統の塩焼きにこだわっているお店がたんや善治郎です。さらには、牛タンの味付けや焼き方だけでなくスライス方法もその当時の手切りにこだわっています。やはり手切りだと、肉の繊維を見ながら切れ目を入れることができるのでサクッとした食感が生み出せるのです。

徹底したこだわり

仙台では、牛タンの専門店が100件前後もあります。まさにラーメン激戦区ならぬ牛タン激戦区です。それだけ多くの同業者がしのぎを削る激戦区だと、広告に力を入れたりバリエーションを多くするなど何等かの工夫が必要です。

しかしながらたんや善治郎では、仙台で牛タン焼きが発足した当初の伝統の味を今に伝えることにのみ執着しているのです。例えば牛タンは塩焼きのみ、あるいは機械でスライスせずに全て手切り。さらには、タンは全体的に硬いのでタン元と呼ばれる柔らかい部位だけを使用するという徹底したこだわりです。

牛タン定食を頼めばテールスープが味わえる!

牛タン定食にはテールスープと麦飯

たんや善治郎に限らず、牛たん専門店で牛タン定食を注文すると必ず付いてくるのがテールスープと麦飯です。タンとテールを捨てずに調理に使うようになったので、テールスープという発想も理解できます。

ところが麦飯にこだわる理由は何なのでしょうか?それは敗戦直後というのは、食糧難なのでお米も十分手に入りません。そのため白米の代わりに、麦飯を代用したという単純な理由です。そうした仙台で牛タン焼きが始まった当初の伝統の味を全て現代に継承しているのが牛タンの本場仙台なのです。

テールスープの魅力

テールスープの魅力といえば、それはやはりコラーゲンがたっぷり含まれているという点が真っ先に挙げられます。その点に関していえば、スッポンスープとよく似ているかもしれませんね。確かに、牛の尻尾をブツ切にして細かく砕けるまで十分に煮込んでいるので、コラーゲンも豊富でしょうね。

従って美容にこだわる女性の方であれば、お肌がプルプルになるに違いありません。おまけに白髪ネギもしくは細かく刻んだネギが薬味として使われているので、ネギの風味もたまらない魅力となっています。

牛タン入りのワンタンスープもおすすめ

テールスープの他にも牛タンワンタンも大人気

たんや善次郎では、牛タン定食を注文すると必ずテールスープが付いてきます。さらに別オーダー品として、牛タンワンタンやタンすじ煮込みスープなども大変人気があります。

おまけに通常のワンタンとは違います。やはり牛タンの本場仙台ということもあって、ワンタンの中のお肉も牛タンなのです。そのため噛めば噛む程、牛タンの味が口の中に広がるのです。こうしたワンタンスープは、牛タンワンタンと牛タンのワンタン麺を注文するといただくことができます。

その他のメニューのバリエーションが広い

たんや善治郎では、牛タン焼きが仙台で発足した当初の伝統の味にこだわるという理由から牛タン焼きは塩焼き一色です。その他のお店のように、味噌味や醤油味などは一切ありません。

その代わり牛タン定食以外のバリエーションに関しては、驚くことに結構広いのです。例えば、上述したような牛タンワンタンや牛タンのワンタン麺、さらにはチャーシュー入りラーメンならぬ牛タン入りラーメン、牛タンやエビ天入りのソバ、牛タンカレー等子供さんも喜ぶようなメニューが盛りだくさんです。

まとめ

仙台で牛タン焼きが発祥したその当時の味や製法を今に継承するたんや善治郎をご紹介しました。今のところ仙台以外にはチェーン店を造らないということなので、仙台に行ったらまずは立ち寄っていただきたいですね。

関連記事
Back To Top