• RSS
  • Facebook
  • Twitter

gyuutan
焼肉屋で牛タンを食べるのではなく、自宅で牛タンを食べたいと思った時にはスーパー、もしくは専門店などで牛タンを購入しなければなりません。この購入の際に何も考えずに買ってみるのも良いのですが、そのようにしてしまうと美味しくない牛タンを手にしてしまう可能性がありますのであまりお勧めはできません。せっかく牛タンを購入するのですから、できれば美味しいものを手にとって、それを購入していただきたいと思います。ではその美味しい牛タンを買うためにはどのよなところに気をつけなければならないのでしょうか?その見極めポイントについてお話をしましょう。

牛タンを見極めるポイントとしては、まずその肉質を見るようにしてみましょう。牛タンにしても他の肉の部類にしても、まずは目で見てその肉質を判断することが大切になってきます。しかし、ただ単に肉質を見て良い牛タンがどうかを判断することは難しいですし、素人の当てずっぽうな判断になってしまうでしょう。
(参考:新鮮なら牛タンって生でも食べられるの?

ですので目で見て見極めるとなると、明確な判断の基準を知っておくべきだと言えます。その判断基準としては、肉の色、そしてドリップの多さこの二つに着目しておいてください。肉質がよければ発色度合いが高いですので、見た目からして鮮やかな赤色をしていますし、肉の細胞の劣化がないためドリップもそれほど出ていません。

その他の見極めポイントでは、手で触ってその肉の弾力を確かめてみるのもいいでしょう。しなやかでありつつも弾力のあるような肉質であれば、その牛タンは確実に美味しいものであると判断して大丈夫です。逆に触った時にあまり良い感触であれば美味しくないものである可能性があるため、気をつけるようにしてください。

牛タンは若干希少部位であることから肉質の見極めが難しいところでもあります。しかし、上記のような見極めポイントをしっかりと掴めば、美味しい牛タンを買うのは簡単になるでしょう。

Categories: 牛たん